自然の神秘と歴史浪漫あふれるまち「越知町」

平成28年度緑の募金公募事業(旧表参道看板設置)

2017/05/25 更新

旧表参道へ案内板を設置しました。

平成28年12月11日(日)に旧表参道(楠神地区~横倉山)に案内看板を設置しました。

旧表参道は主に江戸時代に利用されていた由緒ある参詣道で、土佐の代表的な歴史書「南路志」でも参道沿いの情景が詳しく記され、その史跡が現在でも残っています。また世界的に有名な植物学者・牧野富太郎を指導者として全国150名以上の参加者により行われた植物採集会でも、この参道が帰路として使われています。

最近ではほとんど通る人もいなくなり、倒木の除去や草刈を行いながら作業を進めました。

現状ではまだまだ整備が必要な箇所が多数あるので、この参道の風化を防ぐためにも、少しずつ整備を進めていきたいと思います。

  

※この案内板は、高知県森と緑の会から「緑の募金」の助成を受け、フォレストクラブが製作しました。

越知町横倉山自然の森博物館